This page:加古川かつめし物語 TOP > かつめしフェア > かつめしフェアレポート

かつめしフェアレポート

かつめしフェア2008

本日2008年11月11日は、加古川名物かつめしの「かつめしフェア2008」のイベントが行われました。
毎年好評らしいということで、かつめしファンの私が行ってまいりました!
加古川駅前の加古川プラザホテルで開催。
11時前についたのですが、「もう最後尾はこちら」という看板を持っているお兄さんが!!
えーそんなに人気?!
長蛇の列に待つこと15分ほどで会場入り。
入り口には大きな「かつめしフェア2008」の看板。

かつめしのソースのいいにおいが会場中に香っています~
みんなおいしそうにかつめしを食べています。
入り口でまず500円のチケットを買います。

この一枚のチケットで、2杯のかつめしがいただけます!
チケット番号は163番と164番。
もう162人の人がかつめし会場にいるのが驚き!
さすがかつめし名物の加古川。

入ってすぐのところには、かつめしのタレが販売されていました。
かつめしのタレが販売されてるのって、加古川だけですよね~

3つの会社がかつめしのタレを売っています。
「肉のいろは」このお店は、かつめし元祖の「いろは食堂」かな。
「ハリマ食品」と「ニシカワ食品」は、かつめしのタレを作っていることさえ私は知りませんでした。
全部のタレを買ったので、また後日食べ比べしてみますね。
どんな味がするのか楽しみ~

「ハリマ食品」のタレ

「肉のいろは」のタレ

「ニシカワ食品」のタレ

チケットを買っておくと、かつめしはひとまず確保で、15:00までに食べればいいそうです。
では、少しお腹をすかせるために二階でしている靴下祭りにも顔を出してみることにします。

余談ですが、加古川の名物はかつめしですが、実は靴下も加古川名物(?!)なのです。
そして11月11日は、誰が決めたのか「靴下の日」だそうです・・・。

かつめしフェアより本当はこっちがメイン?

かつめし4店勝負!

靴下フェアもそこそこ堪能して、1階に下りて私のメインイベントかつめしフェアへ。

チケット1枚につき、2店舗のかつめしのたれを楽しみことができます。
何もかけていない、ごはんの上にカツが乗ったものを2皿渡され、好きなお店のたれをかけてもらいに行きます。
ではでは、ひとつずつ解説?していきますね。

パラーディオ

おススメ度:★★★★★
色:薄め
酸味:少しあり
さらさら度:少しどろっとしている
◎パラーディオのかつめしは、クリーミーでトマトかフルーツが入っているような酸味がありました。
全体的にひつこさがなく、比較的どんな年齢の人にも合いそうです。
お店もちょっとおしゃれなお家のようなところです。


デルタ

おススメ度:★★★
色:濃い
酸味:少しあり
さらさら度:少しさらっとしている
◎デルタのかつめしは、とても色が濃いのが印象的です。
トンカツソースやケチャップソースのような味がしました。
どちらかというとデミグラスソース。
他の洋食にも合いそうなたれでした。
大人向けの味。
こちらのお店もおしゃれな外観です。


白馬


おススメ度:★★
色:一番濃い
酸味:少しあり
さらさら度:さらさら
◎白馬のかつめしは、他のお店と比べるとたれがさらされしていたので、カツの下まで沈んでいました。
色が濃い分、やはり味も濃いくなるのかな。
ソース系の味で、少しのどがかわきました。
ハンバーグにかけるのもおいしそう!


ロッキー


おススメ度:★★★★
色:薄め
酸味:なし
さらさら度:どろっとしている
◎ロッキーのかつめしは、たれにつやがありました。
カレーに近いほどの粘度で、甘めのたれが特徴です。
味は濃いく、子供にも喜ばれそうな甘さ。


4店舗比較

4店舗のものを同じときに食べたのは初めてで、こういうイベントがないと味比べなんてできなかったので楽しかったです。
普通にお店にで食べるとなんとなくの印象だけは覚えているのですが、たれの色や、はっきりとした味の違いわからないですよね。
かつめし食べ比べお得感いっぱいでとても楽しかったです。
11:00からはじまったかつめしフェアですが、13:30にはもう完売でした。
また来年も行きたいな~
今度は違うお店が来てほしいです。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005